oid_logo

icon_mailmagazine
HOME » DISC » 「Lost in Alphaville」The Rentals

icon_h2 DISC

「Lost in Alphaville」The Rentals

JACKET
The Rentals

Lost in Alphaville

icon_album

2014.8.13 ON SALE 日本先行発売 / ODCP-007 / ¥2,000(税抜) + 税 / only in dreams / 株式会社 KADOKAWA

amazon
Weezerの元ベーシスト "マット・シャープ" 率いるThe Rentals (ザ・レンタルズ )
15年振りとなる3rdアルバム遂に完成!

「ディストーション・ギター」「ムーグ」「ストリングス」「男女掛け合いヴォーカル」そして抜群に「キャッチーな歌メロ」!
僕らが待ち望んだノイジー・ポップ・アンセムの数々が、再び世界を席捲します! return of The Rentals !!

1stアルバム「return of THE RENTALS」(1995年)、2ndアルバム「Seven More Minutes」(1999年)の2作品で、世界中にフォロワーを生み出し、その後のインディー・ロック界に多大なる影響を与えた伝説のバンド"The Rentals"が、15年振りに新作をドロップ!
今回マット・シャープの脇を固めるのは、LuciusのJess Wolfe and Holly Laessig(Female Vocals)、OzumaのRyen Slegr(Electric Guitar)、The Black Keysの Patrick Carney(Drums)、The Section QuartetのLauren Chipman(Strings)、ミキシングは、Oasis、Jet、OK Go、Red Hot Chili Peppersといったロック・レジェンドの作品からJay-ZやLCD Soundsystemといったダンス系の作品までを手掛けている大御所、"D.Sardy"と、超豪華な面々が集結!!!
最高傑作と呼ぶに相応しいアルバムと共に、新たな伝説がスタートします!

実に15年振りとなる本作は、壮大な空間を描き出す復活の調べ「It's Time To Come Home」で幕を開け、これぞThe Rentalsな疾走系ノイジー・ポップ「Traces Of Our Tears」、大合唱間違いなしのミドル・チューン「Stardust」、徐々にビルドアップし女性Voで爆発する十八番の展開をみせつける「1000 Seasons」、"歪ギター" "ムーグ" "ド・キャッチーなメロ"が交差する「Thought Of Sound」など、The Rentals完全復活を告げるに相応しい仕上がりです!!

● The Rentals
Matt Sharp - Vocals, Bass and Synthesizers
【参加ミュージシャン】
Jess Wolfe and Holly Laessig (Lucius) - Female Vocals
Ryen Slegr (Ozuma) - Electric Guitar
Lauren Chipman (The Section Quartet) - Strings
Patrick Carney (The Black Keys) - Drums

■後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)コメント

マット・シャープは "Thought Of Sound" の中でこう綴っている。
「音楽が持つ感情 それ以上に美しいものなんてこの世の中にはないんだ」
僕らの人生や、悲しみや、孤独を貫いて、
優しく微笑みかけてくれるようなアルバムです

—後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION)

収録曲

01. It's Time To Come Home
02. Traces Of Our Tears
03. Stardust
04. 1000 Seasons
05. Damaris
06. Irrational Things
07. Thought Of Sound
08. Song Of Remembering
09. Seven Years
10. The Future
11.Thought Of Sound (Outtake)

The Rentals - LINK -

The Rentals - LINK -

link_official_us_off