oid_logo

icon_mailmagazine
HOME » DISC » 「Morning Sun」 岡田 拓郎 Okada Takuro

icon_h2 DISC

「Morning Sun」 岡田 拓郎 Okada Takuro

「Morning Sun」 岡田 拓郎
岡田 拓郎 Okada Takuro

Morning Sun

2020.6.10 release! / ODCP-023 / ¥2,182+税 / only in dreams

itunes apple music Spotify Spotify
*ハイレゾ: mora mora mora
※5/15よりiTunesのIGTがスタートします。iTunesでアルバムを予約購入すると既にリリースしている「Morning Sun」「Lost」が聴けるようになります。
最新シングル「New Morning」は曲の長さの都合上、IGTにはなりませんのでご了承ください。
6/10までは他の配信サイトやサブスクリプションでお楽しみください。

10年代インディー・ロック最高の果実といえる『ノスタルジア』、シティポップ〜バレアリック・リヴァイヴァルの「その後」を提示した『The Beach EP』……。それらの傑作を経て、孤高の天才音楽家・岡田拓郎が今提示するのは、新しい時代の「シンガー・ソングライター・ミュージック」の姿だ。

先行して配信リリースされたタイトル・トラック「Morning Sun」も熱狂を持って迎い入れられたが、この新アルバムの内容が与える驚きと歓びはそれを軽く凌駕する。デビュー以来時々において常に真摯な音楽表現を希求してきた彼らしく、キャリアを通して培われた様々な要素が巧みに溶け込まされているが、今作においてはこれまで以上に「ソング」にフォーカスせんとする強い意識に貫かれているようだ。

ほのかにアーシーな香りが燻るフォーク・ロックを基調としながらも、全曲において斬新極まりない(しかし非常に沈着な)メロディー/ハーモニー構成が施され、慎ましくも最も効果的なアンサンブルによって彩られていく。また、初の全曲岡田本人作詞となる歌詞、そしてそれを繊細に描き出す歌唱の魅力にも注目だ。去りゆく時や事物を哀しくも優しげに眼差すような歌世界は、その音楽内容が湛える儚げな佇まいや可憐と、ハッとするほどの美的な呼応を形作っている。

谷口雄(ピアノ、ウーリッツァー、オルガン)や増村和彦(ドラムス、パーカッション)という森は生きている時代からの盟友を交るのみのシンプルな演奏も、かつて無いほどまでに研ぎ澄まされている。また、これまでも定評のあった精緻な録音は、名匠エンジニア葛西敏彦と岡田による共同作業の成熟を物語るようにもっとも充実した成果を聴かせてくれるし、岡田自身のミックスやグレッグ・カルビのマスタリングも、紛うことなく世界第一級のものといえるだろう。

ロックやヒップホップ〜R&Bの相克と融合の中で過度に細密複雑化するテクスチャーやビート、そして肥大し続ける「音楽の外側」の言説を鮮やかにすり抜け、今こそ奏でられるべき「曲」を模索する姿は、これまででもっとも求道的なストイシズムを感じさせるようでいながら、素直な作家性の発現という意味においては最も正しい意味で「ポップ」であるとも言える。今「シンガー・ソングライター」の音楽がなすべきことは、「内面の吐露」だけではないだろう。「音楽を音楽へ取り戻す音楽」を、自らの歌とともに作り上げる人のことを、新しい時代の「シンガー・ソングライター」というべきなのかもしれない。

そういう意味でも、この圧倒的傑作『Morning Sun』は、音楽を愛する者の心に希望と安らぎを灯すことになるだろう。

文:柴崎祐二

収録曲

1. Morning Sun
2. Nights
3. Birds
4. Lost
5. Shades
6. No Way
7. Stay
8. New Morning

クレジット:
Okada Takuro - Vocals, Guitar, Electric Bass, Wurlitzer(on Shades)
Taniguchi Yu - Piano, Wurlitzer, Organ
Masumura Kazuhiko - Drums, Percussion

Recorded & Mixed by Okada Takuro, Kasai Toshihiko(studio ATLIO) at studio ATLIO,
OKD Sound Studio,Mastered by Greg Calbi

All music written by Okada Takuro
except 'Morning Sun' written by Okada Takuro & Taniguchi Yu
All lyrics written by Okada Takuro

Cover Photo by Mifune Masaya(Roth Bart Baron)

MOVIE

リードトラックの「Morning Sun」のMVも公開中!!
V6、折坂悠太、きのこ帝国、YeYe、Homecomingsなど幅広く手掛ける

注目若手映像監督Pennackyが映像を担当。入間のguzuriでバンドメンバーが演奏している映像となっている。

岡田 拓郎 Okada Takuro - LINK -

オフィシャルサイト